上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterでつぶやく

スポンサーサイト スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

非常時におけるTwitterの問題点まとめ
前回の記事↑の補足として、気づいたことを追記しておきます。

<ハッシュタグについて>
・地震関連ハッシュタグは有効だったのか

地震関連ハッシュタグを発信する
ハッシュタグを使ってツイートする際は、下記を使うようにしましょう。
#jishin: 地震一般に関する情報
#j_j_helpme :救助要請
#hinan :避難
#anpi :安否確認
#311care: 医療系被災者支援情報
#311sppt: 本当に支援が必要な現地の方々の生の声のみ
Twitterブログより

実際タグのタイムラインを見ることもありましたが、
直接関係ないツイートやリプライも表示されているようでした。
また、ハッシュタグ通知のためのツイートがTLを占有している場合も見られました。

非難や安否確認が役に立った状況もあったはずです。
しかし、果たしてこれを活用できているケースがどれだけあるかという疑問も残ります。


<BOTについて>
・BOT(自動ツイートアカウント)は止めるべきなのか

前回の倫理的な問題に付随して話題となった、BOTアカウントに関する問題。
同じように是非が問われました。こちらも意見が分かれています。

A.楽しいBOTのつぶやきに安心できる。気がまぎれる。
B.不謹慎である。笑えない。

これに関しては被災者の意見を見かけることがあまりなく、
非被災者の意見を元にするしかありませんでした。

またBOTが止められないのは、管理者が被災している可能性もあります。
その辺は加味する必要があるかもしれません。

参考:災害時にはbotを停止するべきなのか


<まとめ>
ツイッター利用のメリット
・リアルタイムで情報を取得、発信できる。
・安否確認に利用できる。
・応援という形で言葉の支援ができる。

ツイッター利用のデメリット
・情報の正確性、ソースの判断が難しい。
・悪気なく人を傷つけることがある。
・価値観の違いから仲たがいすることがある。

なるべく客観的に書けるよう心がけました。
これがどういった風に受け取られるのかはわかりませんが、
なにかの参考になればと思います。

関連記事
スポンサーサイト

%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E6%99%82%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8BTwitter%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%82%B9%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%AE2 Twitterでつぶやく

非常時におけるTwitterの問題点まとめ その2 twitter トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

パソコン工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。