上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterでつぶやく

スポンサーサイト スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

s-61TeXb5l5JL.jpg

テルマエ・ロマエ/ヤマザキマリ

古代ローマの設計技師ルシウスは、斬新な浴場のアイデアに悩んでいた。ある日ローマの公衆浴場に赴いたルシウスは、排水溝に吸い込まれ現代日本の銭湯へタイプトリップしてしまう。

風呂をテーマにしていることで話題のギャグ漫画。
何が面白いって、日本の風呂文化にカルチャーショックを受けるルシウスのリアクションが面白い。
ちなみにテルマエ・ロマエとは「ローマの浴場」という意味。

%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%A8%2F%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%80%80%E6%84%9F%E6%83%B3 Twitterでつぶやく

s-2010-04-27 19.28.09

アイデアが古いといわれ建築事務所を解雇になるルシウス。
友人のマルクスに連れられ公衆浴場へ行く。

s-2010-04-27 20.44.28

湯船の排水溝を調べようとすると猛烈に吸い込まれ、

s-2010-04-27 19.28.32

銭湯の真ん中へワープしてしまう。

s-2010-04-27 19.29.04

言葉も分からず戸惑うルシウスだが、銭湯文化に得られるヒントも多い。

かくしてルシウスはローマでも名だたる浴場技師となるわけです。
というのが第一話。以降は露天風呂やショールームなど様々な風呂にタイプスリップする話があって意外と飽きないです。

s-2010-04-27 19.29.48

フルーツ牛乳飲んだだけでこの反応。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
ヤマザキマリ
エンターブレイン


関連記事
スポンサーサイト

テルマエ・ロマエ/ヤマザキマリ 感想 漫画1巻レビュー トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

パソコン工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。