上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterでつぶやく

スポンサーサイト スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

080107_2126~0001
The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day
著:乙一 挿絵:荒木飛呂彦
スタンド使いが集まる杜王町で『人が家の中で車に轢かれて死亡する』という奇妙な事件が発生する。最初に死体を目撃した岸辺露伴と康一は事件の謎を解明しようと動き出す。
乙一によるジョジョ第四部を小説化した作品。
今日読み終えました。素直な感想は、
面白かった。
原作の世界観に触れつつ、オリジナルキャラクターとストーリーを乙一氏らしい文章でまとまってました。
乙一ファンであれば原作を知らなくても楽しめるんじゃないかと思います。
また四部に関わる某噂についての言及や、康一君がジョジョのコミックスについて語るなど原作を読んでいる人もニヤリとする場面もあります。(これは好き嫌いがあるかもしれませんが、まぁユーモアととれるので)
本自体の装丁も凝っていて、荒木先生のイラストも入っているのでハードカバーとしての価値はあると思います。

あとがきを読むと相当苦労したんだろうということが分かります。

関連記事
スポンサーサイト

%E2%80%9C%E9%AC%BC%E6%89%8D%C3%97%E5%A5%87%E6%89%8D%E2%80%9D%E3%80%8CThe%20Book%E2%80%95jojo%E2%80%99s%20bizarre%20adventure%204th%20another%20day%E3%80%8D%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC Twitterでつぶやく

“鬼才×奇才”「The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day」レビュー 感想(小説) トラックバック(0) コメント(2)

この本を買うか迷ってたけど買ってみます
マンガも面白いし

2008年01月08日 絶望x URL 編集

勧めるためにレビューを書いていたはずなのに、そう言われると自分に自信がなくなってくる俺へたれw

2008年01月08日 ぼく URL 編集












管理者にだけ公開する

パソコン工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。